アイカーボン株式会社

会社案内

代表メッセージ

今から約40年前、私は工業化学専攻の大学院生でしたが、研究の必要性から炭素材料学会という学会に属しておりました。その頃の代表的な炭素材料と言えばカーボンブラックや活性炭でしたが地味な材料と言う印象でした。しかし世の中ではすでに炭素繊維の商業生産が開始され、現在、グラフェンやカーボンナノチューブ、フラーレンと言った炭素材料が脚光を浴びているのはご存じのとおりです。

私たちの会社名アイカーボン(Ai-Carbon)はAdvanced Innovative Carbon(先進的革新的炭素)の頭文字から採ったものであり、事業面から各種炭素材料分野への貢献を目指しておりますが、今緊急の課題として浮上しているのは、急激に市場が拡大している炭素繊維のリサイクルです。私たちは、分解しにくく廃材の処理が問題になっている炭素繊維複合材料(CFRP)から電気分解法という方法で安価に炭素繊維を単離・回収し、再利用に供することを目指します。

代表取締役社長 伊集院 乘明

ページの上部へ